水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランス

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランス

「便秘には食物繊維」というのは誰もが知っている事ですが、単に食物繊維と言っても種類があります。
そもそも食物繊維は「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」という、2つに分かれています。
「水溶性食物繊維」は水に溶ける食物繊維です。
腸内で水分を抱え込んでヌルヌルとしたゲル状成分として、有害成分を吸着して排泄させます。
一方の「不要性食物繊維」は水には溶けない食物繊維です。
腸内では膨張し、食物の水分を吸収する役割を持ちます。
以上の性質を踏まえ、便秘やダイエットなどにはどちらの食物繊維もバランスよく摂取することが重要になってきます。
水溶性食物繊維の場合、余分な栄養を吸着して吸収を妨害するため、糖尿病や動脈硬化、高血圧を予防してくれるといわれています。
一方、豆類に代表される不溶性食物繊維は満腹感があることからダイエットにも良いとして人気があります。
まずはその食物繊維がどちらに該当するのか知っておくと良いでしょう。
どちからだけを摂取するよりも、水溶性と不溶性を組み合わせて摂取する方が相乗効果が期待できます。
また、便秘の種類によっては不溶性食物繊維より水溶性食物繊維の方が良い場合もありますから自分の体調で選ぶのも良いでしょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする