便秘のときの玄米は気をつけて

便秘のときの玄米は気をつけて

食物繊維を多く含む食べ物を摂取することで、便秘を解消していくというのは、間違った方法ではありません。
しかしながら、ただ大量にそれらを食べればいいというものではなく、食品に見合った正しい摂り方をしないと効果がないどころか、余計に便秘がひどくなる可能性もあるでしょう。
その代表といわれているのが、玄米です。
玄米には食物繊維が豊富に含まれているので、本来なら便秘解消にはとても役に立つ食物なのですが、大量に食べ過ぎると便秘がかえってひどくなったり、時には反対に下痢を引き起こしたりします。
その理由としては、玄米に含まれている食物繊維が不溶性食物繊維と呼ばれている種類のものだからというのが挙げられます。
不溶性食物繊維は腸内にある水分を吸収するという性質を持っているので、大量に玄米を食べ過ぎると既に腸内にあったほかの便からも水分を吸収し、便を固くさせてしまいます。
そうなると余計に便の排出が困難になるのです。
ですので玄米を食べる時には、いつも以上に水分摂取にも心を配らなければなりません。
また玄米には周りの皮が固いという性質もあります。
調理の際に、その皮を柔らかく炊いたり、よく噛んで食べたりしないと、消化不良を起こして下痢になってしまうといわれているのです。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする