便秘のときに溜まっているガスはどんなもの?

便秘のときに溜まっているガスはどんなもの?

便秘の時や、長時間座ったままでトイレに行けない時などに、お腹が張ったような不快感に見舞われることがあります。
それは腸の中にガスが溜まる、いわゆる「ガス溜まり」と呼ばれる症状です。
このガスの成分としては、窒素、酸素、二酸化炭素、メタン、水素などが挙げられます。
これらが腸内の悪玉菌の急激な増加により、悪玉菌と善玉菌のバランスが崩れて、お腹を張らせる原因となっているのです。
通常はオナラとして体外に排出されるのですが、腸のぜん動運動と呼ばれるガスを排出する機能が弱まっていたり、また仕事や外出先などでオナラを我慢するクセがついていると、それができなくなってしまうのです。
人の体内にはおよそコップ1杯分のガスが通常溜まっているといわれていますが、便秘の人の場合だとそれがコップ2、3杯にもなります。
ひどい時には、それらのガスが気管を通って呼吸にまで表れることもあります。
ガス溜まりを予防するには、ビフィズス菌といったお腹の調子を整える乳酸菌を多く摂り、腸内の善玉菌を増やして便の流れをスムーズにすることです。
また早食いをすることで、食物と一緒に空気までを飲み込むと、それがガスに変化するので、食事はよく噛んでゆっくり食べるように心がけましょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする