イモ類で便秘を解消

イモ類で便秘を解消

便秘に良いとされる食べ物の1つであるイモ類に、さつまいもがあります。
さつまいもは食物繊維を豊富に含んでいること、そして食べると腸が活発に動くため、体内のガスが出やすいことで知られています。
また、さつまいもにはビタミンCも多く含まれており、石焼き芋のように、じっくり熱を通すことで、成分をほとんど壊すことなく美味しく食べることが出来ます。
しかし、こうした良い効果は、さつまいもだけでなくイモ類全般的に言えることで、イモ類には食物繊維が多く含まれているのです。
じゃがいもや山芋、里芋、こんにゃく芋など、身近に多くのイモ類がありますが、そのどれもが身体に良い成分が含まれています。
イモ類に含まれる食物繊維は主に不溶性食物繊維で、消化されずに腸に届くため、便のかさを増やしてくれたり、腸を刺激して蠕動運動が活発になります。
また、それぞれにムチンやヤラピン、カリウムなどの身体に良い栄養が含まれており、美容や生活習慣病予防に役立ります。
イモ類は焼いても煮ても炒めても美味しく食べることができるため、様々な料理に活用でき、飽きずに摂取することが出来ます。
ただし、便秘が過敏性便秘の方の場合、不溶性食物繊維を摂り過ぎないように気をつける必要があります。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする