玄米で便秘を解消

玄米で便秘を解消

玄米が便秘に効果があることをご存じでしょうか。
玄米にはビタミン、ミネラル、カルシウムなどが豊富に含まれていて、中でも食物繊維が白米に比べて5倍含まれています。
この食物繊維が、胃腸のはたらきを活発にして排便を促してくれます。
また、玄米の外皮にあるフィチン酸にも排便を助ける役割があり、大腸の腸壁に消化されないまま付着している宿便を除去してくれます。
ただ、玄米は白米に比べて硬く消化に悪く水分も少なくなり、腸内の水分量が減る傾向にあるため、よく噛まずに食べると逆に便秘になってしまう可能性があるのです。
ですから玄米を食べるときは、よく噛んで食べることがポイントになります。
感覚としては、ドロドロになるまでです。
咀嚼回数が増えることによって、唾液の分泌も増えて水分不足が解消されます。
そして味噌汁や納豆と一緒に食べることでより消化が良くなり、さらに便秘の解消にも効果的になります。
味噌汁の味噌には「メラノイジン」という成分が入っていて、このメラノイジンに食物繊維と同じはたらきがあるほか、乳酸菌を増やすはたらきもあるために善玉菌を増やし、便を硬くしたり腹痛を起こしたりする悪玉菌を撃退します。
そして味噌汁にいろいろな具を入れることによってさらなる食物繊維の摂取にもつながりますし、納豆はヨーグルトよりも乳酸菌が多く含まれているため、腸内細菌のバランスを良くしてくれます。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする