便秘を解消する食生活は生活習慣病の予防につながる?

便秘を解消する食生活は生活習慣病の予防につながる?

気持ちの良いお通じは、腸内細菌が深く関係しているといわれています。
腸内細菌は大きく分けると、身体に有益な働きをする善玉菌と、体に害を及ぼす悪玉菌があります。
これらの腸内細菌バランスは年齢・環境が変わるにつれて変化していきます。
腸内細菌の中で、今最も注目されているのがビフィズス菌です。
ビフィズス菌は善玉菌としては腸内に一番多く住んでいて、腸内全体の菌数の10~20%にあたります。
このビフィズス菌をさらに増やすことによって、便秘の解消や生活習慣病の予防まで多くの効果が期待できます。
便秘解消の食事・ビフィズス菌を増やす食事・生活習慣病を予防する食事・免疫力を高める食事など、すべて基本は同じです。
玄米・緑黄色野菜・イモ類・豆類・海藻・果物などを食べること、そして納豆・味噌・漬物・ヨーグルトなどの発酵食品を上手に利用しましょう。
現在の私たちの食事は、肉類などのタンパク質や脂質の多いものになっています。
この食生活を穀物や野菜を中心とした日本伝統の食事に変えていくことが便秘解消の第一歩です。
特に便秘や生活習慣病など健康に気を使われている方は、この機会に食生活を見直してみることが大切です。
少しずつ肉類を減らし、穀物や野菜に切り替えていくように心がけましょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする