腸内でビフィズス菌を増やす食べ物とは?

腸内でビフィズス菌を増やす食べ物とは?

人間の腸内には様々な細菌が生息しており、働きによって善玉菌と悪玉菌に分けられます。
善玉菌はその名の通り、身体によい働きをしてくれます。
善玉菌の代表がビフィズス菌です。
しかし偏った食事やストレス、そして私たちには避けられない加齢によって、腸内のビフィズス菌の数は減っていきます。
ですから、できるだけ善玉菌であるビフィズス菌を増やすことが、若さと健康を保つための鍵となります。
ビフィズス菌を増やす食べ物には、ヨーグルト、チーズ(プロセスチーズではないものの方が効果が高い)、納豆、味噌、醤油、漬物、キムチ、サワークラウト、ピクルス、ザーサイといった発酵食品があります。
ヤクルトやカルピスといった乳酸菌飲料も発酵食品の仲間です。こうした発酵食品は、腸内でビフィズス菌を補給してくれるのです。
さらに、オリゴ糖やグルコン酸は、腸内でビフィズス菌のエサとなるため、これらを多く摂取することでビフィズス菌を増やすことができます。オリゴ糖のサプリはもちろん、オリゴ糖がふんだんに含まれた食品の代表がバナナです。
その他にも玉ねぎやネギ、キャベツ、ごぼう、アスパラガス、トウモロコシ、にんにく、大豆、じゃがいもなどにも含まれます。また、はちみつはオリゴ糖とグルコン酸の両方を、お酢はグルコン酸をたっぷり含んだ食品です。
加えて、食物繊維は腸内でビフィズス菌が増殖するのを助ける働きがあります。野菜、果物、穀物、イモ類、豆類、海藻、キノコなどは、食物繊維を多く含みます。
納豆菌は悪玉菌を殺す働きを持つため、納豆を摂ることも、ビフィズス菌を増やすのに役立ちます。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする