ビフィズス菌のエサになる食べ物とは?

ビフィズス菌のエサになる食べ物とは?

一般的に、善玉菌を増やす食べ物はヨーグルトやチーズ、納豆、味噌、キムチなどの乳酸菌を多く含んでいる発酵食品とされています。
体の内で、善玉菌のエサとなるオリゴ糖を含んだ食べ物は、善玉菌が増殖しやすくなり、腸内環境も良くなり悪玉菌の繁殖を抑えてくれます。
食物繊維やオリゴ糖を多く含む食べ物を積極的に摂る事、つまり規則正しい食生活が理想的だとされています。
食物繊維などが足りていないと便秘の原因となり、悪玉菌が増えて、発癌性のある有害な物質を作らせてしまいます。
オリゴ糖を含む食品には、バナナ、きなこ、ごぼう、大豆、たまねぎ、はちみつなどに多く含まれています。
善玉菌は、大腸内での有害物質の増殖をおさえ、腸内の腐敗菌や有害成分、発ガン性物質の発生を防いでくれます。
ヨーグルトや乳酸菌飲料などを飲むことによって、ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖を摂取し、大腸に元々いる善玉菌を増やすという方法を行っている人も多くいるようです。
特に、便秘に悩まれている方や健康に気をつけたい人などはこのような方法が自分自身の健康にとって重要であるといえます。
他にも善玉菌を増やすのに、乳酸菌や発酵食品の摂取、後はお砂糖をオリゴ糖に換えたり、野菜たっぷりのスープを飲むことが効果的です。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする