腸腰筋を鍛える効果

腸腰筋を鍛える効果

便秘対策において、鍛えると良いとされている筋肉の1つに、腸腰筋があります。
腸腰筋とは、大腰筋と腸骨筋という2つの筋肉からなる、腰椎と大腿骨を結んでいる深層筋のことです。
これらの筋肉は、骨盤と大腿骨をつないでおり、股関節の屈曲や脊柱の屈曲を司る筋肉のため、姿勢を正す筋肉でもあります。
この腸腰筋を鍛えると、腸の蠕動運動が活発になる効果や、消化吸収力を高めるホルモンの分泌を促す効果があるとされています。
そのため、腸が弱っていたり、腸の調子が悪い人にとっては、是非鍛えるべき筋肉です。
蠕動運動を活発になったり、消化吸収力が高まれば、便秘の緩和や解消が期待できます。
腸腰筋を鍛えるエクササイズは、インターネットで検索すると多く見つかります。
自分が無理なくできるようなエクササイズを、毎日続けることをまずは目標にすることです。
早い効果を期待して、負荷を強くしたり、急に激しく運動することは、筋肉を傷めてしまう可能性もあります。
また、ある程度長い期間続けるためにも、少しずつ慣らしていくようにすることも大切です。
便秘の緩和や解消を期待しつつ、姿勢が綺麗になったり脚の上げ下げが軽くなるなど、良い効果を得ることもできます。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする