加工食品中心の食生活と便秘の関係

加工食品中心の食生活と便秘の関係

人間は、天然自然の食材を利用して、食べやすさや味のために様々な加工を施して食品にしています。
そうした加工食品には様々なものがあり、調理に欠かせない食塩や砂糖、味噌や醤油などの調味料や香辛料も加工食品の1つです。
他にも、漬物や乾物、乳製品なども加工食品と呼ばれます。
これら加工食品の中で、加工に菌などの微生物を積極的に使うものが多く、発酵食品とも呼びます。
便秘に対して、ヨーグルトやチーズ、味噌などの発酵食品は良いとされるものが多く、摂取が勧められています。
また、乾物の中でも昆布や若布、ひじきや寒天などは、カルシウムやミネラルなど身体に良い栄養分が多く、また食物繊維が多いため、積極的に摂取すると良いとされます。
一方で、加工食品と分類されるものには、冷凍食品やレトルト食品、インスタント食品もあります。
これらは、忙しい現代人にとって短時間で調理ができるとともに手軽に食事ができる点においては便利です。
しかし、これらは保存料などの添加物が多いことや、塩分が高いことが身体には良くないとされています。
また、加熱によって栄養素が壊れていることや、生の食材に含まれる酵素や栄養が取れないため、便秘に良い効果は期待できません。
一概に加工食品といっても様々な食品があります。
身体に良いとされる加工食品を適度にとることは、便秘の解消につながるでしょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする