骨盤底筋の重要性

骨盤底筋の重要性

便秘で悩む人の多くが腸内環境の不調や生活の乱れから来る便秘ですが、中にはそうではない人もいます。
その1つが、骨盤底筋の不調です。
骨盤底筋は骨盤底を構成する筋の総称ですが、脊柱の土台でもあり、腸などの内臓を支える重要な役割があります。
その中でも排便時の重要な機能として、骨盤底筋が緩むことで肛門と直腸の角度が合い、便を排出できる機能があります。
そのため、骨盤底筋が衰えたり、過度に緊張をしている場合は、正常に戻さなければ様々な体調不良につながります。
尿漏れや冷え性などがあり、その中の1つが、便秘です。
骨盤底筋が正常に働いていないと、排便時に骨盤底筋が緊張してしまい、肛門と直腸の角度があわず、排便が困難になります。
これが、直腸性便秘とよばれる便秘です。
直腸性便秘の場合、食事や生活を改めても解消されないため、骨盤底筋が正常に機能するようにしなければなりません。
骨盤底筋の機能を取り戻すためには、医師や理学療法士のトレーニングを受けることが1番です。
症状の度合いに合わせたトレーニングを持続して行うことで、高齢者でも機能を回復させることができます。
普段から気をつけるのであれば、体操や骨盤底筋を意識した力の入れ方があるため、それを参考に取り組むと良いでしょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする