食物繊維でもごぼうはNG?

食物繊維でもごぼうはNG?

便秘解消に効果のある成分として、食物繊維は欠かせないものとなっているでしょう。
食物繊維には、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類があります。
この2種類の食物繊維は、同じ食物繊維でも体内で違った働き方をするということを、理解しなくてはなりません。
水溶性食物繊維は、これ自体が水に溶けるという性質があり、水分をまとうことで食べたものがゲル化をし、便の流れがよくなるのです。
反対に不溶性食物繊維は、これ自体が腸内の水分を吸収して膨張することにより、腸の動きを活発にするという効果があります。
それぞれ代表的な食物は、水溶性食物繊維にはライ麦や納豆があり、不溶性食物繊維にはゴボウや玄米などがあります。
いずれも便秘解消の手助けとなる食物繊維なのですが、その摂取の仕方を間違えると、かえって逆効果になってしまう場合があるといわれています。
不溶性食物繊維であるゴボウなどの根菜類を多く取り過ぎると、腸内にあるこれまでに溜まっていた便からも、どんどん水分を吸収してしまうため、便が水分不足で固くなり、余計に便秘をひどくしてしまうのです。
ですので、不溶性食物繊維を摂る場合は、一緒に水分をいつもより多く摂ることを心がける必要があります。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする