水溶性食物繊維を意識的に摂取する

水溶性食物繊維を意識的に摂取する

便秘で悩んでいる人の便秘対策として、よく食物繊維を意識して摂取すると良いと言われています。
食物繊維をとることで、便のかさを増やし、便をやわらかくすることができるため、排便しやすくなるためです。
その食物繊維にも種類があり、大きく分けて不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があります。
どちらも便秘にとって良い効果がありますが、特に水溶性食物繊維が身体にとって良い働きがあるため、意識的に摂取することが良いとされます。
水溶性食物繊維の働きの1つに、脂質や炭水化物の吸収を遅らせる働きがあります。
吸収を遅らせることは、血糖値の上下が緩やかにつながるため、糖尿病の人にとって役に立つ働きです。
また、水溶性食物繊維は腸内においてコレステロールとくっついたり、コレステロールから作られる胆汁酸とくっついたりするため、悪玉コレステロールの排出により腸内環境を整えることができます。
こうした良い効果がある水溶性食物繊維は、全粒粉やライ麦、押麦などの穀類、インゲン豆やそらまめ、枝豆、小豆、納豆などの豆類、さつまいもやにんじん、モロヘイヤ、海藻などに多く含まれています。
便秘対策だけでなく、コレステロール改善や血糖値改善などに役に立つため、意識的に水溶性食物繊維を摂取することで、健康の増進に役立つでしょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする