かかとを上げることと便秘

かかとを上げることと便秘

排便を行う上で、排便の癖をつけることや、排便時の姿勢は大切です。
便秘がちになると、なかなか排便できないために、食事を摂取することを避けたり、どうせ出ないから、と排便を諦める場合があります。
しかし、それらは便秘解消には逆効果で、食事や水分の摂取を避けると、便はより硬くなり、出にくくなります。
また、栄養がなければ腸内環境も悪化し、消化のために蠕動運動することもないため、腸は余計に弱ってしまいます。
さらに排便自体を我慢していると、本来排便することが正常である各器官の機能が弱まり、より排便しづらくなります。
そのため、毎日でそうになくても、排便を試みる努力は大切です。
その際に、排便時の姿勢として良いとされてるのは、ロダンの彫刻「考える人」のように、座った状態なら少し前傾姿勢にすることです。
こうすることで、直腸肛門角が腸と垂直になり、排便しやすくなります。
また、便秘気味などで腹筋に力を入れる必要があるならば、かかとを少し上げることで、力を入れやすくなります。
便秘の際は排便しにくいものですが、少しでも出やすいように習慣づけ、正しい姿勢をとりましょう。
とはいえ、無理に力を入れすぎても負担が大きいため、医師に相談し、症状にあわせた対応をすることが大切です。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする