直腸性便秘と便秘薬

直腸性便秘と便秘薬

直腸性便秘の人は、便秘薬を飲んでもなお残便感に悩まされたり、一転下痢になり苦しい排便を余儀なくされたりすることがままあります。
「便秘薬が効かない」「便秘薬を飲んでも苦しむ」といった人は、排便に必要な筋肉がうまく緩まないことによる直腸性便秘である可能性が高く、大腸ではなく出す力が衰えているケースです。
直腸性便秘は、便が直腸に溜まっている症状ですので、大腸には問題のないケースが多く、便秘薬をのむと下痢をするのは、正常な大腸が薬で刺激されて、動きが活発になり過ぎるからといったパターンが多いのです。
これらの症状を改善するには、便秘薬より肛門や骨盤底筋の筋肉を鍛えるトレーニングが有効です。
排便をするために息むと適性に筋肉が動かない。
慢性的な便秘で、そういった「息み方」が判らなくなっている人も多く、肛門科など医療機関でトレーニングをすると快便生活を取り戻せるようになる患者も多いようです。
直腸性便秘の場合、食物繊維を多く摂取することは、大腸を活発にさせてしまうことで直腸に負担がかかり、症状を悪化させてしまうことがあります。
繊維ではなく、水分を多く摂取するように心がけましょう。
水分を維持したまま直腸に到達し、便をやわらかくするお米のご飯などが良いでしょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする