直腸性便秘と不溶性食物繊維

直腸性便秘と不溶性食物繊維

便秘の中でも直腸に便がたまってしまう便秘を直腸性便秘といいますが、この場合、たまった便がより大きく、硬くなりやすいことが問題です。
直腸は大腸に比べ腸管が太いこと、水分の吸収などによって、より排便しにくくなります。
そのため無理に息んだりすると、強い力が直腸や骨盤底筋にかかって負荷となったり、肛門に負荷がかかり、裂傷などの危険性があります。
直腸性便秘への対策としては、食生活の見直しによる、食物繊維の摂取です。
ただし、食物繊維であればなんでも良いわけではありません。
食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。
水溶性食物繊維は、果物や海藻などに多く含まれる食物繊維で、便をやわらかくする効果があるとされています。
逆に、不溶性食物繊維は野菜に多く含まれる食物繊維ですが、便のかさを増やす効果があるとされているます。
そのため、直腸性便秘の場合、不溶性食物繊維を摂取することは便の増量につながり、より圧迫してしまいます。
できる限り水溶性食物繊維の摂取を心がけ、十分な水分を摂取して便をやわらかくし、排便しやすくしましょう。
直腸性便秘かどうか判断しづらい場合は、医師に相談して、適切な対策をとるようにしましょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする