直腸性便秘と骨盤底筋

直腸性便秘と骨盤底筋

便秘で悩む多くの人は、腸内環境があまりよくない場合があり、小腸や大腸が正常な働きをしていないことがあります。
便秘の大半が、大腸に便がたまってしまっている状態です。
しかし、中には
そうではない便秘の人がいます。
便秘のたまる場所が直腸の場合は、「直腸性便秘」といい、大腸でたまる場合に比べて、より排泄が困難である場合がほとんどです。
直腸は大腸に比べて腸管が太いため、便がたまるとより大きな塊となり、また水分が吸収されるためより硬い便になってしまうことがあります。
この場合、排便するためにはより大きな負担がかかるため、肛門が切れてしまうなどの弊害が発生することがあります。
この「直腸性便秘」の原因と考えられる要素の1つが、「骨盤底筋」が正常に働いていないことがあります。
「骨盤底筋」は、本来排便する際に緩んで、直腸と肛門の角度をあわせるため、便が排出されやすくなります。
しかし、「骨盤底筋」が正常に働かず、排便の息みの際に、上手く緩まず逆に緊張してしまう場合があります。
どうしても筋肉の緩ませ方が直らない場合は、病院に相談することです。
バイオフィードバック療法とよばれる、直腸から風船を出すトレーニングによって、正常な働きができるようになるため、医師や医学療法士の指導の下、適切な排便ができるように訓練が必要です。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする