ビフィズス菌を増やす食事

ビフィズス菌を増やす食事

ビフィズス菌は、いわゆる善玉菌であり、腸内の環境を整えるほか、花粉症などアレルギー症状の緩和にも貢献していることが分かっています。
特に便秘の改善には効果的で、腸内のビフィズス菌を増やすことで、どんなタイプの便秘も改善でき、更には便秘になりにくい腸内環境に変えてくれます。
ビフィズス菌は、発酵食品に多く含まれています。
ヨーグルト・チーズなどの乳製品や、しょうゆ・納豆などの大豆を原料とした食品に、更には、漬け物、キムチなどにも多く含まれています。
ビフィズス菌をより多く増やすには、食物繊維が効果的です。
食物繊維は便をほどよいやわらかさにして、腸の蠕動運動を促すだけでなく、腸内に残った余分なゴミを一緒に絡めとり腸内を掃除してくれたりし、更には、ビフィズス菌がすみつきやすい腸内環境をつくり、ビフィズス菌を増やすことにも役立ちます。
その他、オリゴ糖や、アロエや梅エキスもビフィズス菌を増やすのに貢献します。
また、梅エキスのクエン酸は、悪玉菌を抑制し、腸の蠕動運動を活発化させる効果があります。
これらを踏まえて、ビフィズス菌を増やす食事は何かと言うと、それは日本古来の和食になります。
和食には食物繊維が豊富で、ビフィズス菌が増えやすい腸内環境にしてくれますし、適度な腸への刺激は自然な排便をうながしてくれます。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする