大腸がんによる便秘

大腸がんによる便秘

従来より、慢性の便秘の人に大腸がんが多いのではないかと信じられてきました。
便中の有害物質や発がん物質と腸粘膜がふれあう時間が長くなるためです。
便通が毎日出ないと大腸がんになるのではないかと心配し、毎日のように下剤を服用していたという方もいたほどです。
しかしながら厚生労働省研究班より、便通が2・3日に1回と便秘がちでも大腸がんになる危険度は特に高まらないと、2007年に発表されました。
腹部の膨満感や食欲不振、全身の倦怠感、腹痛、頭痛、めまいなどを自覚していなければ、便秘だからといって気にする必要はないといわれています。
ただ、問題となる便秘があることは事実であり、排便に関する習慣が変わってきたときには注意が必要だといえます。
数年前は毎日出ていたものが最近では3日に1回になった、あるいは以前はあまりお腹が痛くならなかったのに最近はトイレの前後で痛くなるようになったなど、自覚症状があるという場合には、何かしらの病気の可能性があります。
医療機関に診察を受けに行くことをおすすめします。
便秘の解消法としては、昔から言われているように水分をしっかり取る、野菜をしっかり食べる、一日三回の規則正しい食事と適度な運動をすることが、健康的でベストな方法であるといえます。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする