便秘から「巨大直腸」になる?

便秘から「巨大直腸」になる?

便秘になると、ただ排便がしづらいだけでなく、腹痛を伴ったり、お腹が張ったりなど、様々な副作用が伴います。
また、食欲減退やだるさなどにもつながり、水分や栄養が十分にとりづらくなるため、悪循環に陥ります。
排便が困難になると、腸内が不衛生な環境になりやすく、腸が正常な働きができなくなります。
蠕動運動が阻害されたり、栄養や水分の吸収ができなくなるため、腸そのものの機能が低下します。
その状態が長く続くと、場合によっては腸そのものが病気や病態になってしまうことがあります。
その1つが、巨大直腸症です。
直腸は、大腸の最終部分であり、終端が肛門です。
そのため、直腸付近には、腸の蠕動運動によって運ばれてきた排泄物、つまり便が貯まります。
便秘が続くと、直腸付近に便が貯まり続けるため、次第に直腸が内側から圧迫され、直腸が膨れ上がります。
また、便秘を我慢し続けることで余計に便意を感じなくなり、さらに直腸に便がたまってしまう悪循環に陥り、腸内環境も悪化します。
便秘の初期に適切な治療ができれば、このような事態はほとんど防ぐことができます。
整腸剤や軽い便秘薬などを処方してもらい、栄養バランスの良い規則正しい食生活を送ることで、改善されることがほとんどです。
便秘薬は使用方法を間違うと腸に悪影響を及ぼすため、普段から便秘にならないように身体を気遣うことが大切です。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする