腸閉塞による便秘

腸閉塞による便秘

便秘は、腸内環境の悪化やその他様々な要因で引き起こされますが、その中でも危険度が高いのが、腸閉塞による便秘です。
腸閉塞を簡単に言えば、腸管内の内容物が、肛門側へ移動する際に障害される病態です。
腸管が閉塞される原因としては、腫瘍や胆石、回虫などの異物が腸管内に発生することがまず1つです。
その他には、外部の臓器による圧迫や、腸管自体の炎症や癒着、屈曲など、様々な要因があります。
また、一般的に腸捻転として知られている腸のねじれが原因であったりすることもあります。
いずれにしても、腸管がふさがれる腸閉塞は、腸が正常に動いていない状態のため、様々な問題が発生します。
便秘はもちろんのこと、ガスや腸液がたまり、腸管壁が浮腫を起こしたり、腸管内圧が上昇してしまい動脈血流の障害を起こし、腸管の壊死や穿孔が発生します。
ただ排便が困難であったりするだけでなく、腹部に痛みを感じたり、吐き気などを催します。
症状が軽度であれば、それほど治療も複雑ではありませんが、十度になれば様々な治療を施す必要があり、最悪の場合緊急手術が必要になる場合も有ります。
便秘で悩んでいるのに、そのまま放置して重度になった場合思わぬ障害を招くことにつながってしまいます。
便秘の解消のために、できることから始めましょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする