腸捻転による便秘

腸捻転による便秘

便秘は、どのような状態で便秘とするか、ある程度の定義はされていますが、人によって状態や原因が異なるため、様々な記録や検査、原因に応じた対策が必要です。
多くの人が、不規則な生活からくる体調の乱れや、疲れやストレス、栄養不足、運動不足などを原因としています。
また、水分不足や繊維不足、善玉菌と呼ばれる腸内で活躍する菌が少ないなど、腸内環境が良くない、ということもあります。
しかし、中には便秘の理由がそうしたものだけではなく、腸捻転による場合があります。
腸捻転は、名前の通り、何らかの理由により腸がねじれてしまうことで、そのままだと主幹動脈閉塞による虚血状態になり、壊死してしまったり、腸閉塞などを引き起こしてしまう病気です。
この場合、腸が部分的に閉じてしまったり、ねじられて非常に物が通りにくくなるため、食物が運ばれて消化される際に、途中で食物が詰まってしまいます。
また、腸の中で発生したガスや腸液が正常に排出されなくなるため、様々な障害を引き起こします。
腸捻転による便秘の場合は、医師の適切な治療や指導によって回復することも可能ですが、放置しておけば徐々に症状が悪化し、最悪の場合死に至ります。
急な便秘や、腸の痛みを感じた場合、すぐに医者の診断を受けることが大切です。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする