乳酸菌は生きて腸に届かないと意味がない?

乳酸菌は生きて腸に届かないと意味がない?

乳酸菌、特に善玉菌と呼ばれる乳酸菌の中でも身体に良いとされる菌は、腸内環境の正常化や、便秘解消に良いとされています。
しかし、その乳酸菌を摂取する上で、腸まで生きて届かなければ意味が無いと宣伝されていることもありますが、便秘解消目的に限っては、その限りではないようです。
もともと、乳酸菌は動物性乳酸菌と植物性乳酸菌に分類されており、牛乳などの動物の乳に成育する乳酸菌を動物性乳酸菌、野菜や豆、米等の植物素材を発酵させる乳酸菌を植物性乳酸菌と呼びます。
特に植物性乳酸菌は、生きたまま乳酸菌を腸内まで届くため、腸内環境を整えるための手段として、今非常に注目されています。
一方で、動物性乳酸菌は、乾燥や熱、酸に弱いため、胃酸で死滅しますが、死滅後の残骸でも、腸内に送り込まれることで、腸内に住み着くことは無いものの、悪玉菌の減少効果があり、疾病予防効果や便秘の解消につながるといった研究報告が出てきています。
便秘のことだけを考えれば、乳酸菌を適度に摂取することで、腸内環境の改善が期待でき、便秘を解消することにつながるでしょう。
しかし、今注目されている植物性乳酸菌は、腸内環境の正常化だけでなく、血圧の低下や血清コレステロールの低下、さらには花粉症などのアレルギー症状が緩和できる、という報告も増えています。
身体の健康のために、是非植物性乳酸菌を摂取してみてはいかがでしょうか。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする