ストレスによる便秘と乳酸菌の減少

ストレスによる便秘と乳酸菌の減少

便秘は、現代人に多い排便に関する悩みの1つですが、明確な条件はなく、ある程度定義されている条件を満たした場合の、排便が困難な状態のことを指します。
便秘の原因の1つに、腸内環境の悪化があります。
具体的な状態としては、腸の一部が締め付けられ、細くなったり遮断されることで便が動けなくなったり、腸の蠕動運動が正常に行われないため便が動けなくなる、といった腸内環境の問題です。
腸は疲れだけでなく、ストレスの影響も強く受ける臓器と言われており、過敏性腸症候群などが起きてしまいます。
また、腸内環境の悪化は、身体に良いとされる乳酸菌が減少していることも影響しているとされます。
乳酸菌には、身体に良いとされる菌を総称して善玉菌、悪いとされる菌を総称して悪玉菌といいますが、これらのバランスが腸内環境を変化させています。
善玉菌が多いほど、腸内環境は正常に整えられているとされますが、善玉菌は摂取し続けないと、減少する一方であり、またストレスや疲れなどにさらされると、減少する傾向にあるようです。
ストレスによって便秘を引き起こした場合、こうした善玉菌も減少していると考えられるので、ストレスを解消し、善玉菌を意識して摂取することで、便秘が解消できるでしょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする