年齢とともに増える便秘と減るビフィズス菌

年齢とともに増える便秘と減るビフィズス菌

人間の腸内にはビフィズス菌を代表とする善玉菌、人体に悪い影響を与えてしまう悪玉菌が同居しています。
腸内細菌の全体の数は決まっていて、善玉菌が増えれば悪玉菌が減り、悪玉菌が増えれば善玉菌が減っていきます。
年齢や偏った食生活、ストレスなどといったさまざまな要因によって、ビフィズス菌は減少していきます。
年代別に比較すると、20代のビフィズス菌の比率が22%から25%であることに対し、30代になると18%から20%、40代では12%から15%、50代では5%から8%というように、明らかに年齢とともに減少しているのです。
悪玉菌が増えるにしたがって腸内の細菌バランスは崩れ、身体にはさまざまな変調がもたらされます。
また、バランスの良い食生活を送っていれば、必ずしも腸内のビフィズス菌もたくさんいるというわけではありません。 
自分の腸内にビフィズス菌がいるかどうかということは、便によって判断することができます。
良い状態であるとされる便の色は黄褐色をしていて、量はバナナ1本分ほどです。
また、水分を含んでいて適度にやわらかく、においもありません。
便秘であってこういった便が出ていないという場合には、ビフィズス菌が足りていないと判断することができるでしょう。
ビフィズス菌は、便秘の改善に効果があるといわれているものでもあります。
また、ビフィズス菌を効果的に増やすためには、オリゴ糖も一緒に摂取することで効果的になります。
ビフィズス菌が腸内で生きている期間は、およそ1週間程度です。
継続的に摂り入れて腸内のバランスを保つことが、健康的に過ごすためには大切です。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする