子どもの便秘対策は食の好き嫌いをなくすことから

子どもの便秘対策は食の好き嫌いをなくすことから

最近は、食生活のバランスの崩れとともに、外で遊ぶことが減って運動不足になっている子どもの便秘が増えてきています。
子どもの嗜好に合わせていると、肉食中心のメニューになってしまいがちです。
また、スナック菓子やファーストフードを食べる機会が多くなり、便秘になりやすくなってしまいます。
成長していくにつれて、食生活やストレスなどを原因として次第に善玉菌が腸内から減っていき、「腸内年齢」が老化していきます。
善玉菌が優勢である状態から、悪玉菌が優勢な状態に変わっていくのです。
その最初の兆候が、便秘というかたちで現れます。
便秘をそのまま放置しておくと、身体のさまざまな部分に悪影響を及ぼしていくことになるのです。
子どもの便秘解消は、好き嫌いをなくすことから始めましょう。
肉食中心から食物繊維や魚と野菜のメニューを中心としたものにシフトし、見た目や味付けを工夫することも考えます。
無理強いせずに野菜入りクッキーを一緒に作るなど、楽しみながら苦手意識を薄れさせいくということも一案です。
食事の時間におなかが空くようにおやつの時間を決め、量を加減して食べる意欲を湧かせるようにするということも有効です。
すぐに食事を改善することが難しいという場合には、まずは朝に一杯の水か牛乳を飲み、目覚めの腸に刺激を与えて便意をもよおしやすくさせるなど、できる範囲から生活を改善していくとストレスがなくて良いでしょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする