便秘の赤ちゃんには規則正しい生活を

便秘の赤ちゃんには規則正しい生活を

赤ちゃんの子育ては、特に初めての子どもの場合、非常に神経を使い、また慣れていないことから親の方が育児疲れや育児ノイローゼというものが起こりやすいものですが、そうした親の状態は、赤ちゃんも過敏に感じ取りやすいと言われています。
また、親の生活リズムに合わせようと、赤ちゃんを無理に寝かしつけたり、起こし続けることは赤ちゃんにとって非常に負担となり、発育を妨げる可能性があります。
また、不規則な生活リズムは便秘を起こす可能性にもつながります。
産まれたばかりの赤ちゃんは生活のほとんどを睡眠で過ごしており、生活リズムが整い始めるのが生後2ヶ月ごろから4ヶ月ごろです。
この生活リズムが狂うと、赤ちゃんは睡眠や食事、運動など様々な面で影響がでると言われています。
当然、食事のリズムが崩れれば、排便リズムも狂い、便秘になってしまう可能性があります。
成長していく上で、規則正しい生活リズムを身につけることは、健康に発達する上で欠かせません。
もし赤ちゃんに便秘の傾向があったり、便秘になってしまったなら、食事のタイミングや排便のタイミングが規則正しくなるようにリズムを整えてあげることです。
心地よい睡眠を与えてあげることで、心身ともに健やかに成長するでしょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする