赤ちゃんの便秘は判断が難しい

赤ちゃんの便秘は判断が難しい

赤ちゃんが便秘になったと判断することは、非常に難しいものがあります。
便秘とは、一般的に排便が3日以上ないことや、週に3回以下であること、排便が困難であったり残便感があることなどで、便秘と診断されます。
日本内科学会の定義では、「3日以上排便が無い状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」とされています。
ただし、個人によって排便間隔は体質や環境などの影響からそれぞれ異なることから、一概に便秘と決め付けることも出来ません。
このように、大人でも判断が難しい便秘は、赤ちゃんならなおさら判断が難しくなります。
赤ちゃんは、自身では言葉や態度で表現することが出来ないため、普段のお世話のときに気づいてあげる必要があります。
気づく目安としては、普段一日に何回ぐらい便が出ていたか覚えていると、明らかに回数が減ったりすると、気づきやすくなります。
母乳やミルク、離乳食などをあまり食べなくなったり、吐いてしまうようなことがあれば、消化がうまくいかず、便が出ていない可能性があります。
他にも、一日中機嫌が悪く、むずがっていたり、お腹が異常に張っているなど、様々な兆候があるため、見逃さないであげることです。
そうした兆候が現れたら、医師などに相談して、便秘かどうか判断してもらい、対策すると良いでしょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする