妊娠中の便秘に薬は危険!

妊娠中の便秘に薬は危険!

便秘は解決すべき重要な問題です。
放って置くと感染症にかかりやすくなったり、大腸がんを発症する確率が上がったりもしてしまいます。
特に妊娠中は、黄体ホルモンの影響によってどうしても便秘になる確率が上がってしまいます。
ただ、妊娠中の対処の仕方には気をつけなければいけません。
便秘だからといって、コーラックなどの便秘薬を使ってはいけません。
なぜならば、便秘薬は流産の誘発を高める可能性があるからです。
大腸のぜん動運動を促進させて排便を促すという便秘薬のはたらきは、同時に子宮を収縮させてしまう作用があります。
そのため、流産を引き起こす可能性が高まってしまうのです。
理想的な対処としては食生活や生活のリズムを整えて、腸内環境を良くして便秘対策をすることです。
やはり、妊娠の時期に便秘薬を使わないようにすることがいちばんです。
それでも、どうしても便秘がきつくなってしまうという場合もあります。
そんなときは、無理をしても身体に良くないため、病院に行って対処をしてもらうか、妊娠中でも使うことのできる便秘薬がないかどうかを薬局の人に聞いてみて、大丈夫な便秘薬を使うようにしましょう。
生活の環境を整えて予防を怠らないようにしつつ、もしなってしまった場合の対処をしっかりと確認しておくことが大事です。
妊娠中はいろいろと気を遣うことも多いのですが、簡単に便秘薬に頼ろうとすることだけは危険ですから注意することが必要です。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする