赤ちゃんがいると便秘になりやすい?

赤ちゃんがいると便秘になりやすい?

女性は、男性に比べて便秘で悩む人が多くなっています。
特に女性の場合には、妊娠中の方が便秘に悩まされるという場合も多くあります。
なぜお腹に赤ちゃんがいると便秘をしやすくなるかというと、妊娠初期の場合であれば、分泌される黄体ホルモンの影響を大きく受けるからです。
このホルモンの影響を受けて、大腸での水分吸収が盛んに行われ、便の水分が奪われてしまって便秘につながります。
妊娠中期では子宮が大きくなっていくことによって血管が圧迫され、下半身のうっ血を招いて痔を引き起こしやすくなります。
痔の症状があると、排便のときに痛みを感じてしまうため、なかなかスムーズに排便することができなくなってしまいます。
これを繰り返しているうちに腸に便が溜まり、その溜まった便の水分が吸収されていくことで便秘になってしまいます。
母体にとっても赤ちゃんにとっても良い環境ではありませんから、病院に相談した方が良いでしょう。
病院に相談すれば、早めに痛みを解消することもできます。
そして、出産を終えた後も運動不足になりがちであり、また今度は母乳に体内の水分が取られてしまうため、便秘になりやすくなります。
そのため、特に産まれて間もない赤ちゃんがいる場合には、水分を多めに摂取するように心がけて毎日の育児をするようにすることが重要です。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする