妊娠中の便秘は癖になる?

妊娠中の便秘は癖になる?

妊娠中は、黄体ホルモンと呼ばれるホルモンが分泌されやすい状態になっています。
黄体ホルモンが分泌されると、大腸では水分の吸収が盛んになっています。
そのため、便に含まれている水分が吸収されて固くなり、便秘になりやすくなってしまいます。
ただし、それは妊娠初期までのことであり、中期になれば黄体ホルモンの影響が少なくなってきます。
ところが、子宮が大きくなっていくにつれて血管が圧迫されるようになってしまい、下半身がうっ血しやすい状態になります。
この影響で痔になりやすくなるのですが、痔の影響による痛みのために、便意を感じても我慢してしまいがちになります。
その結果、やはり腸に溜まってしまった便が固くなってしまうために便秘となり、それが癖になってしまう状態が続いてしまいます。
これは身体に、また赤ちゃんにも悪影響を及ぼすため、どうすることもできなくなった場合には病院に行くことが大切です。
自力で何とかしようと考えている場合には、赤ちゃんへの影響を考えると便秘薬を使わない方法を考えるべきです。
この場合は、赤ちゃんへの影響が少ないオリゴ糖を使うことがすすめられています。
オリゴ糖であれば低カロリーであるのため、妊娠中の体重管理という面でもほとんど影響がないとして、注目されています。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする