出産後に便秘が多い理由

出産後に便秘が多い理由

女性で便秘に悩んでいるという人たちは多くいます。
中でも妊娠中、出産後に便秘で困っているという人たちが多くなっています。
妊娠時に便秘が多いのは、黄体ホルモンが分泌されやすい状態が続き、その影響によって大腸の水分吸収が盛んになってしまうためです。
そのために水分が吸収されてしまい、便が固くなって出にくくなってしまうのです。
また、出産後も便秘に悩まされる人が多いという理由はホルモンの関係や運動不足、また母乳に体内の水分が奪われてしまうために、便が固くなってしまうからです。
無理をすると痔になるおそれもありますから、病院に相談した方が良いかもしれません。
そのほかにも、妊娠中に下剤を使うことが多かったといった場合があります。
これは、身体が下剤を使うことに慣れてしまっているために、腸の動きが鈍くなってしまっていることが原因です。
そのために出産後もその状態が改善されないまま、習慣化されてしまうという状況になるわけです。
このため、便秘を解消するためにも、出産後には適度な運動と水分を多めに摂取することを心がけることが大切です。
便秘になりにくい身体づくりを目指して、健康な身体づくりを心がけることは、後々の身体のためにも良いことです。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする