便秘対策になるマタニティスイミング

便秘対策になるマタニティスイミング

妊娠中は、誰でも便秘になりがちです。
お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて子宮が大腸を圧迫し、大腸で便の排出が遅れるようになるのです。
妊娠後期になると、小腸や大腸は背中側へと押し出されていきます。
また、妊娠すると「プロゲステロン」というホルモンが分泌されます。
このホルモンは胃や腸にある平滑筋を弛緩させるため、消化器官の運動が低下しやすくなります。
さらに、つわりによって食事の量が減ったり、食事の嗜好が変化したりすることも、便秘につながります。
妊娠によって腸の動きも鈍くなり、運動不足によって腹筋も衰えます。
このようなさまざまな原因から、便秘が起こるのです。
便秘対策のひとつとして、マタニティスイミングは効果的です。
妊娠すると日常の動きも制限されますが、スイミングは唯一腹ばいになることができる運動であり、水の浮力の中で思いきって身体を動かすことができます。
スイミングには背筋を使う動きもありますから、背中に押し出された腸も刺激することができます。
運動が制限されている妊娠中にのびのびと身体を動かすことで、運動不足が解消されます。
血液の循環も良くなり、精神的にもリラックスすることができて爽快な気分になります。
便秘対策だけではなく妊娠にともなう腰痛や肩こりなどの症状も、和らげられます。
身体の機能が低下する予防にもつながりますから、健康の維持にも役立ちます。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする