主食を変えて食物繊維を補給

主食を変えて食物繊維を補給

特に女性の間の悩み事として挙げられる機会が多いものが、便秘です。
便秘をすると良いことはなく、肌荒れや腸の病気が引き起こされることもあります。
便秘の原因として挙げられるものが運動不足や水分不足、そして食生活の偏りなどです。
中でも食生活については主食を変えて、食物繊維を意識して多く補給する必要があります。
現在の日本人の食生活には欧米型の食事が定着していて、動物性のタンパク質を多く摂取するようになっています。
このため、古くから日本人に定着している野菜などの摂取量が減り、便秘しやすくなっているのです。
食物繊維は保水性に優れているため、便をやわらかくしてくれるだけではなく、量も増やしてくれます。
それによって、有害な老廃物も排出されやすくなるのです。
このことからも、特に弛緩性と直腸性の便秘の改善には、食物繊維が必要不可欠な成分であるといえます。
ちなみに、現在の日本人の食物繊維の目標摂取量は1日に25gとされているのですが、実際に摂取されている量は15g程度となっています。
手軽に食物繊維を摂取することのできる穀類としては、玄米が挙げられます。
白いごはんに混ぜて炊いたり、完全に玄米食へ切り替えたりといったことも検討する価値はあるでしょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする