年齢とともに便秘になりやすくなる理由

年齢とともに便秘になりやすくなる理由

年齢、性別に関係なく、便秘に苦しむことはいやなものです。
日本内科学会では3日以上排便がない状態、
または毎日排便があっても残便感がある状態を便秘であるとして定義しています。
便秘の原因としては食生活や水分不足、運動不足による筋力の低下、
ストレスなどが挙げられます。
年齢とともに便秘になりやすくなる理由としては、
運動の不足による筋力の低下ということが大きなものです。
運動不足は肩こり、腰痛などといったように、全身に支障が出てくるものです。
腹筋や背筋などの筋力が低下すると 内臓を支えることができなくなり、
腸が本来の位置から下がってしまいます。
その重みで腸が圧迫されたところでは幅が狭くなり、便の通過が妨げられます。
また、腹筋を使って便を押し出す力も弱くなり、残便感が残ります。
また、便秘を気にして習慣的に薬を使用していると、
腸の筋肉が衰えて自然排便を妨げることにもつながります。
腸内に便が長く留まっていると、水分が吸収されて便が硬くなっていきます。
腸の運動力が落ちてひどい場合には腸閉塞になることもあり、
悪循環のサイクルとなるのです。
食生活の改善や水分補給、ストレスの軽減も必要ですが、
手軽に腹筋と背筋をバランス良く鍛えるには、
20分程度のウォーキングを毎日することです。
適度な運動で筋力を保ち、自然排便をすることができるように心がける必要があります。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする