おなかが痛いからといって便秘ではない

おなかが痛いからといって便秘ではない

便秘は、自分の力で排便することができない状態のことをいいます。
便が溜まるとおなかに膨張感などが生まれ、時にはすっきりしない感じがしてしまいます。
また、中にはおなかの痛みを感じる人もいます。
ところが、おなかが痛いからといって、実は便秘ではないという場合もあります。
それはどういうことかというと、軽い痛みから激痛まで、
幅広い痛みによる腹痛の症状が現れる病気は多くあるからです。
そして、中には重大な病気のサインになっている腹痛もあります。
その腹痛は、そのほかの症状をともなって現れる場合も時にはあります。
たとえば、便秘や下痢の症状をともなう病気として挙げられるのは、
軽いものでいえば、風邪や食中毒といったものがあります。
これに加えて、ストレスや心身の異常から腸に刺激が加わって、
障害が起きる場合もあります。
そして、大きな病気でいうと大腸がんやクローン病、
潰瘍性大腸炎として知られる炎症性腸疾患、過敏性腸症候群といったものがあります。
この中でも有名は大腸がんは、初期段階では自覚症状がほとんどないため見逃しがちです。
しかしながら、病気が進行していくと便が細くなったり、
便秘と下痢を繰り返すなどの症状が出てきます。
そのため、ただの身体の不調だと思わず、
異常を感じたら病院に行くことで早期の治療もできるようになります。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする