腸のどこまで詰まる?

腸のどこまで詰まる?

便秘というものは、便が正常に排泄されないで大腸の中に長い間留まっていて、
腹部の膨張感や腰痛を起こしてしまうという状態です。
具体的な例としては、水分がほとんどない硬い便が出ることであったり、
極端に排便回数や量が少なかったりする状態のことです。
またこれ以外に、排便後に残便感があるということも含まれます。
便秘になるおもな理由としては、
食物繊維が豊富な野菜や水分をあまり摂取していないこと、
便意を我慢してしまうことなどが挙げられます。
そして何らかの理由で便秘が起こってしまうと、腸内に有害な悪玉菌が増えてしまい、
腸内環境が悪くなって状態が続いてしまうことになります。
ただ、便はそのまま堆積するというわけではなく、便の水分がだんだんと奪われていき、
硬い便になってしまってさらに排泄しにくくなります。
こうして腸内に長い期間腐敗した便が溜まっていることによって、
体内の血流は滞ってしまいます。
その結果、神経や臓器などといった身体の各部の機能が低下してしまいます。
そして便秘が長期間続くことによって体調が悪くなってしまったり、
硬い便が肛門を刺激して痔になってしまったりするなど、
身体にさまざまな悪影響を及ぼします。
身体のためにも、改善していかなければなりません。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする