便秘には寝起きと食べる時間を一定に

便秘には寝起きと食べる時間を一定に

便秘がちであるという人は、
食事時間や睡眠時間が不規則になっている場合も多いようです。
腸は自律神経など、神経系統に強く影響される臓器です。
夜ふかしによる睡眠不足は神経に負担を与えて腸のはたらきを悪くしてしまい、
便秘につながります。
また、食べたものが便になるまでの時間は大体決まっていますので、
食事時間がバラバラであると、便意を感じる時間もまちまちになってしまいます。
そのために、排便リズムが崩れてしまうのです。
便秘を改善するためには食事をなるべく同じ時間にとり、
寝起きも一定の時間にした方が良いでしょう。
そして、排便リズムをつけやすい朝に気持ちの良い便意が起こるようにするためには、
夜9時以降は何も食べないようにします。
体内で消化や吸収の活動が行われているときは、排泄の動きは止まってしまいます。
夜遅くに食事をすると、
寝ている間も身体は消化、吸収というはたらきをしていることになり、
翌朝にはタイミング良く便を出しにくくなってしまうのです。
すなわち、夜寝る前に食事をすると睡眠中も消化機能が動いていることになり、
朝には排便をしにくくなるというわけです。
ただ、生活スタイルによっては、
朝ではなく夜に排便する方が都合は良いという人もいます。
自分の排便リズムを把握し、一定の時間にトイレに行ってみる努力をしましょう。
もっとも大切であることは便意を我慢せず、逃さないようにするということであるのです。
毎日のリズムをつかむと、排便リズムもおのずと決まってくるものです。
便秘対策には、寝起きと食べる時間を一定にするということも有効な方法です。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする