目覚めが良いと食習慣もお通じも良くなる?

目覚めが良いと食習慣もお通じも良くなる?

人は睡眠中、開いていた骨盤がだんだんとしまっていくようになっています。
目が覚めた瞬間、身体は「起きたい」という状態になっています。
このタイミングで起きると、小さくしまった骨盤内にある便に身体が反応し、
健康な人は朝にお通じがあります。
つまり、朝に2度寝、3度寝というように目覚めが悪い人は、
そのお通じのタイミングを逃しているということになるのです。
また、朝食を抜く人が少なくないようですが、脳のエネルギーは睡眠中に不足しています。
目覚めをうながし、朝からしっかりと脳をはたらかせるためには朝食をきちんと摂り、
エネルギーを補うことが必要であるのです。 
朝には食欲がないという人もいますが、その原因は寝不足、
寝る直前に食事をしたことが原因になっていることもあります。
夜の生活を見直してみて、食習慣を変えてみると目覚めがすっきりします。
また、朝食には便秘を解消する効果もあります。
人間は消化器系にも生体時計があるといわれていて、
朝食の後に便通をうながす反射反応がもっとも強く起こるといわれています。
そのため、朝食を食べてトイレに行くようにすれば、
お通じが良くなる可能性は高いのです。
つまり、目覚めが良いと朝の食欲も出て食生活も変わり、
便秘が解消されるということになります。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする