便秘にならない生活リズムは睡眠から

便秘にならない生活リズムは睡眠から

便秘は、現代人の中でも特に女性に多い症状のひとつです。
一般的には排便のない期間が3日以上であったり排便が困難であったり、
残便感があることなどによって、便秘であると診断されます。
便秘を解消するためには、できれば医師の指示の下、適切な治療を行うことが必要です。
便秘にならないようにするためには、日頃から気をつけるべきことがいくつかあります。
まずもっとも大切なことは、生活リズムを整えて適切な睡眠時間をとることです。
人間の生活でもっとも基本となるリズムである「夜寝て朝起きる」ということです。
睡眠時間のリズムが不規則であったり、時間が不規則であると、
身体はリズムをつかむことができなくなり、排便のリズムが不規則になっていきます。
質の良い睡眠を経て、朝にすっきりと目覚めることができれば、
朝食をしっかり食べてトイレに行く習慣もできます。
基本的なことですが、人間の身体が持っている本来のリズムに合わせて、
できるだけ睡眠や食事をとるようにしましょう。
仕事の都合などでやむなくリズムが乱れる方は睡眠時間を確保し、
食事のタイミングを一定のリズムにするようにします。
ほかに気をつける点としては、栄養バランスはもとより食物繊維をしっかり摂取すること、
水分を十分に摂取することが大切です。
また、十分な運動をして、ストレスを解消することも、
便秘の予防には効果があるとされています。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする