便秘のときのおならのにおい

便秘のときのおならのにおい

便秘になると、おならのにおいは臭くなります。
口から吸い込んだ空気は、普通は呼気として排出されることになります。
ただ、排出されないままに大腸まで達すると、おならとして排出されることになります。
おならがにおうことは、腸内の環境が原因となっています。
腸内に入った空気、
また小腸の下部や大腸に生息している腸内細菌が発酵して生成されるガス成分、
さらに食物に由来するにおいの成分が混じって、不快な悪臭になるのです。
大腸に生息している腸内細菌は、大きくは善玉菌と悪玉菌とに分けられます。
腸内環境は、善玉菌と悪玉菌の割合によって良くなったり、悪くなったりしています。
善玉菌は水溶性食物繊維を栄養源として、無臭のガスを発生させます。
一方、悪玉菌は消化されていないたんぱく質や脂肪分を栄養源として好みますから、
発酵した結果として、アンモニアや硫黄化合物などといった有害物質を発生させます。
善玉菌が優勢であるときには、おならはほとんどにおいませんが、
悪玉菌が優勢であるときには、おならのにおいは臭くなります。
便秘になると、腸内に滞留している便を悪玉菌が分解して悪臭を発生させるため、
普段よりも悪臭が強くなるということになります。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする