おならが便秘のサインになる?

おならが便秘のサインになる?

おならがくさくなることには、便秘が関係している場合も多くなっています。
健康な腸内には善玉菌が多く存在しています。
しかしながら便秘になると悪玉菌が増えて、においがきつくなってしまのです。
においの原因は、アンモニアなどといった有害物質を発生させる悪玉菌です。
溜まった便が分解されやすくなり、においがきつくなってしまうというわけです。
通常、食事などで口から飲み込んだ空気がおならへとなるのですが、
飲み込んだ空気についてはげっぷや呼気によって、体外へと排出されています。
排出されないままに大腸まで達するとおならへと変わり、
おならになるとにおいが発生するのです。
炭水化物を多く含んでいる食品である芋類などを食べると、
このガスが発生しやすいといわれています。
においの原因は肉類によるものであり、
肉類を食べることによって腸内の悪玉菌が増え、便を腐敗させてしまうのです。
またストレスや疲労、薬として抗生物質を服用していることなどによっても、
善玉菌が減少して便がくさくなるといわれています。
においのあるおならが出るということは、腸内で悪玉菌が増えているということであり、
便秘のサインであるともいうことができるでしょう。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする