便秘の症状とめまい

便秘の症状とめまい

便秘になるとめまいが生じることがありますが、その原因にはあらゆるものがあると考えられています。その中でも一番注目されているのが自律神経の異常によるめまいです。このめまいは、非常に解消し辛いという側面を持っており、たとえ一時的に便秘症状を改善できたとしても直らない可能性のあるものなのです。
ではなぜ便秘でめまいが生じるのかといえば、腸を支配下においている自律神経が便秘によって狂わされてしまうからだと言えます。自律神経は身体の体温や感覚器官を調整したりしているのですが、その身体の方向感覚や視界を調節するのもこの神経のために影響を受けてしまうことで生じています。
めまいには「回転性めまい」と「浮動性めまい」に分類されており、そのめまいの起こり方によって症状が決まります。どの程度の神経の狂いが生じたかによっても症状の重症度が異なってくるため、一概に便秘だからこのくらいのめまいのどういう症状かは決まらないのです。
ちなみにめまいの分類の説明としては、回転性めまいが名前の通りグルグルっと回転するような感覚に襲われるものであり、浮動性めまいでは浮遊感を伴ったクラッとするのが特徴的です。人によってどのようなめまいが出るかはその時の状態によって違いがはっきりと出てくるのです。
そしてこれらの中でも、便秘によって引き起こしやすいのは神経系の関与する「回転性めまい」であり、この原因となる便秘症状を「痙攣性便秘」と呼んでいるのです。
痙攣性便秘の厄介なところは、根本的な原因にストレスが大きく関与しておいることが挙げられます。最初にも述べたとおり、この症状の治りにくいところは、便秘を引き起こしている原因もめまいの原因も自律神経を狂わせているストレスだということです。これが自律神経失調症ともなれば、便秘だけの問題にはとどまらず、便秘はただの位置症状でしかなくなるということもあり得るのです。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする