便秘の症状と頭痛

便秘の症状と頭痛

便秘になると頭痛が起きることがあります。その原因に便秘が関係しているとなかなか気付かれないのがこの頭痛という便秘症状の一つなのです。もちろん、便秘そのものが頭痛を引き起こしているのではなく、便秘の際に発生しているガスが頭痛を起こしていると言われています。
便秘になると腸の中に便がたまって、それを腸内細菌が分解します。腸の中には生息してる菌が二種類に分かれていて、善玉菌と悪玉菌がいるのですが悪臭を放つのが悪玉菌であり頭痛もまたこの悪玉菌の放出したガスの中の有害成分によって引き起こされます。
便というのは有機物の塊であるため、好んで菌たちは分解をするのですが長時間腸の中に滞留しているとだんだん悪玉菌の働きが活性化してきてその数を増やし始めるのです。そうして、発生したガスが腸内にたまると、オナラとして外へ排出しようとします。しかし便秘状態でそれが難しいと、口からゲップとして放出するために腸の表面から体内の血流に吸収されます。
このガスは血流によってすぐに肺に到達するのではなく、身体の全身を巡ります。つまり、頭痛が生じる原因の大脳へとガスはやってくるのです。もちろん人を致死させるほどの猛毒というものではないため頭痛という症状となって異常を知らせます。
しかし、そんな間接的な症状の原因を特定することは難しいので頭痛が起きた時点で便秘は原因だとは気付かれないというのがこの頭痛の恐ろしいところなのです。頭痛にはこのガスの原因となるものもありますが当然じゃないものもあります。
ガス以外に頭痛が生じる原因としては腸が便で詰まることによって圧迫を受けた神経が頭痛を感じさせるというものがあります。自律神経系の支配下に置かれている腸が思わぬ圧迫を受けるとその異常を感知するための機能は必ずしも腸やお腹の痛みを生じさせるわけではありません。内臓疾患で腰が痛くなったり神経がしびれるといったように便秘でも間接的な症状が出ることがあるのです。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする