便秘と脱水症状

便秘と脱水症状

便秘になる人の中には、自分がなぜ便秘になってしまったのかわからないという方もいます。これを総じて常習性便秘と呼ぶのですが、その中の一つに脱水症状と深くかかわりのある症状があるのです。つまり、身体が脱水症状になることで発生する便秘になる症状のことです。
便秘というのは、便を排出しようとする機能が一番に挙げられますが、便自体に含まれる水分が少なかったりして排出しにくい状態になることがあります。腸の中で固まってしまってなかなか排出されにくくなったりするのがこの脱水症状による便秘なのです。
そこでまず脱水症状が何かといえば、身体の中から水分が失われることによって活動に支障が出ることもある状態だといえます。一番多いのは夏場で、発汗の量に対して水分補給が間に合わずに身体の水分割合が足りなくなってしまうことです。
これを解消するためには水分をこまめに補給してやる必要があるのですが、電界物質との同時摂取でないとなかなか補給しきれないという状況が発生するのです。この場合はとにかくのどが渇く以前から水分を適度に摂っていくしかありません。
しかし、夏場ならまだ自覚があっていいですが、冬場になって気温が低下してくると汗もかかなくなってなかなか水分補給されない状態が続くことがあります。身体というのは、何もしなくても生命維持や身体の健康を保つために2リットルは毎日使われています。なので、脱水での便秘が現れやすいのは冬場だと言えるのです。
また、水分補給というのは飲み水だけでなく食事からも水分を摂っています。そのため、あまり水分の含まれない肉料理や駄菓子などばかり食べているなど食生活の影響も受けます。とくに女性の場合は、ダイエットなどで食事量を減らそうとするときがありますが、これを簡潔に表せば水分を減らしていることと同じなのです。
つまり、食事量を減らすことはカロリーを純粋に減らしているのではなく水分量も減らいしていることになるのです。よって、ダイエットの最中はいつもよりも多めに水分を補給しなくてはいけない状況にあるのです。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする