便秘と蠕動運動

便秘と蠕動運動

便秘になる原因には大きくわけて二つあると言われています。一つは、腸の一部が何らかの原因で締め付けられることによって便の排出が難しくなってしまう場合。もう一つが、腸の蠕動運動が不活発になることで生じる便秘です。
腸というのは口から食道、胃を通って小腸、そして大腸へと一つの長い消化管のことを指しています。この消化管が食べたものや老廃物を外へと排出するための「ある一定方向への動き」が蠕動運動と呼ばれるものです。
もしこの長い腸管が大腸のどこかで締め付けられたり細まってしまうと、便が肛門に向かって適切に運ばれなくなり便が滞留してしまうことがあるのです。これが一つ目の便秘の原理ですが、もう一つ重要なのが、細まったりして妨げられるのではなく、その運ぶための運動である「蠕動運動」そのものの力が弱まってしまうことがあります。
蠕動運動を行っているのは輪状筋と呼ばれる筋肉であり、この働きが低下することで蠕動運動は弱まってしまうと言われています。もともと蠕動運動というのは自律神経系に支えられているため、ストレスや自律神経の失調によって起こるのです。
特に便秘の場合は、ストレスや周囲の環境によって自律神経が狂うことが引き金となっている場合が多々あるため、気付かないうちに便秘の症状が出ることがあるのです。蠕動運動が弱まっている時は、便の排出までに時間がかかってしまいます。
そのせいで便が水分を失って中で固まってしまうなど便秘になりやすい状況になっています。根本的な治療による改善を試みなければ薬剤などで一時的に便を出したとしてもまた便秘の症状が繰り返されてしまうことになるのです。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする