便秘と排便感

便秘と排便感

便秘の時に「なかなか便が出ない」と感じる場合がありますが、これを「排便感」と呼びます。排便感が良くないというのが一般的に呼ばれている便秘の正体でもあるのです。
排便感に異常をもたらす症状や病態はいくつかありますが、まず痔によるものが代表的だといえます。痔は便秘の原因の一つとしても数えられており、あらゆるタイプの症状があります。そして、そのどれもが排便時に痛みや違和感を伴うことが多く、排便感が非常に不快であることが知られているのです。
下痢の場合も便秘とは対照的なのですが、その排便感には独特の不快感があります。便が出ることは本来人間が快感を覚える器官であり、その排便活動が順調であればあるほどすっきりとした気分になるのです。
しかし、下痢の場合は便が出ても非常に不快に感じられてしまうのです。その一番の理由は、下痢が腸内の便を強制的に排出していることが挙げられるのです。この時、体内の水分を大量に使って便を軟らかくしていて、これが通常の排便行為との違いによるものだと自身でわかるからなのです。
下痢が出る症状には、食中毒、精神的なストレスによる自律神経の乱れ、下剤などがありますが、肉体的にも精神的にもダメージの大きい状態ですから、水分補給のためにのどが渇いたり腸の不快感を感じたりと、排便感だけではなく身体の各部位で並行的に不快感を感じることがあるのです。
便秘の場合、排便感として感じられるのが、「なかなか便が出ない」や「やっと便が出た」といったように、便が出ることの困難さを示す場合が多いのです。もっと端的にいえば、便秘の排便感は便が出ないことによる不快感が生じるため、ストレスを感じてしまうということなのです。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする