便秘と残便感

便秘と残便感

便秘は必ずしも日数のみで測れるものではなく、個人の感じ方が非常に重要となる症状です。便秘の際の特徴的な感じ方というのは人それぞれ個人差があるのですが、特に強く出る感覚が、お腹の中に便が残ったような違和感がある残便感です.
残便感は、簡単な言葉で使われることが多く、「朝すっきりしない」「快調ではない」「お腹が張っている」「便が出ない」など、どれも便が腸の中に残ってしまってそれが出ないということを表すものです。
便秘というのは必ずしも物理的な量や頻度で計測ができないために、その感じ方も個人の微妙なさじ加減によって変わったり狂ったりするのもまた事実です。そのため、便秘であっても残便感がないという場合もあるのです。
よって、便秘の際に残便感が残るのは心理的・精神的なストレスを伴うものであると考えてよいのです。この際、人によってはストレスが更なる悪循環を生じさせるということもあります。負のスパイラルとも呼ばれているこの現象は、ストレスで気にしすぎるあまりに、本来は残便感が一時的な便秘が常習的な便秘へと変わってしまうことがあるのです。
腸の働きというのは身体の全体的な機能の調整も果たしており、腸に異常が生じると体のあちこちに異変が起きたり、免疫機能が低下したりします。そして何よりも、腸は自律神経系の支配を受けているのです。
ストレスは自律神経系を大きく乱し、自律神経失調症や各種精神障害などの起因ともなります。そのため、ストレスで自律神経系に負担がかかるとその機構が狂わされて逆に常習的な便秘状態へとなってしまうのです。
また、残便感が生じるのは便秘に特徴的な「便が出ない」という症状以外にも生じることがあります。それが、下痢や通常の排便量の時です。下痢は一見便秘とは関係ないようにも見えますが、出しても残った感じがあるという場合は便秘の残便感と考えてよいのです。
通常量の排便だと考える場合でも、精神的なバランスによって残便感を感じる場合があります。これは便の物理量と心理的な残便感が一致してない場合が多く、どのくらいの便が残っているかに関わらず感じることもあるのです。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする