便秘と口臭

便秘と口臭

便秘になると現れる症状の一つに口臭があります。口臭というのは、口から嫌な臭いがするという症状その物を指しており、卵の腐ったにおいやフンのにおいがするなど、その刺激臭の度合いによっても感じ方は人それぞれ異なります。
口臭は、歯に生息する常在菌が有機物を分解して生じます。他にも、下の表面についた汚れや、逆流性胃炎などによっても臭いは生じます。特に、便秘のせいで生じる口臭は、排便時やおならのようなにおいがするため見分けやすいほど特徴的だとも言えます。
なぜ便秘で嫌な臭いが生じてしまうかといえば、腸内環境が便秘で悪化してしまうことにあるといえます。便秘で排便行為がスムーズに行われず滞留便が生じてしまうと、その便を分解した腸内細菌である悪玉菌が増殖を始めて、逆に善玉菌の働きが弱くなってしまうのです。腸内の便からカスを分解すると、その分解されたものは生成物とともに強烈な臭いのガスを発します。
つまり、原理的にいえば口の中の口臭ができるメカニズムと大差ありません。また、同様にしてものが腐ったりするのも同じことなのです。実は、この臭いの行き先というのが非常に重要で、一旦、腸の中で発生したガスは肛門をめがけて排出されるように流れていきますが、便秘でガスがたまった状態になると上手く排出できなくなっていることがあります。
すると、排出できずに一定時間腸内にたまると、それを感知した身体の機能がもう一度腸から体内の血液に吸収しようとするのです。血流に乗ってガスの成分は、再び出口をめがけて今度は肺へとたどり着くのです。毛細血管から放たれる二酸化炭素と同じように期待として発生し、口臭を発生させるのです。
この臭いは腸内環境の悪化がひどければひどいほど強く出るので、頻繁に口臭を感じるようであれば、自覚症状がなくても便秘である可能性があるのです。もちろん、便秘であるからと言って口臭が必ず発生するわけではなく、ガスが便と一緒に滞留して吸収されないこともあるため、口臭がないからと言って便秘ではないとも言い切れないのです。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする