ガンと便秘の関係

ガンと便秘の関係

便秘という症状が起こる場合、あらゆる原因が考えられますがその中で最も深刻なのが大腸ガンといった腫瘍による便秘症状です。もちろん、この場合に深刻というのは便秘の方ではなく、ガンの方になります。早期発見が必要な大腸ガンですが、その症状に便秘があってガンのステージとも関係しているほど密接なものといえます。
大腸ガンができると、その部位に腫瘍が生じることが有名です。そのふくらみは便の通り道である腸の壁面にできて便の移動を妨げます。これによってスムーズに便が運ばれなくなってしまうと、腸の内部で水分が吸収されすぎてしまって腸内で固まってしまうのです。これは機能性便秘の一つである「弛緩性便秘」の症状として知られているのです。
ただし、注意が必要なのが必ずしも便秘という症状が大腸ガン全てで生じるわけではないということです。大腸がんの中にも腫瘍の膨らみだけでなく凹んでできるガンもあることが知られており、便秘の症状が起こらないこともあるのです。
大腸がんかどうかを知るには、便秘というのが腸の異常がないかの信号として様子を見つつ、個別に検査を受けるのが一番だと言えるでしょう。よくあるのが内視鏡検査ですが、事前に、自らの目で便の中に血が混ざっていないかなどを見ることによって、便秘以外にも腸の内部の異常を知ることもできるのです。
実際のところ、便秘になる原因と大腸がんになる原因はかぶっている部分が多くあり、その内、タバコやアルコールの摂取が挙げられます。便秘の場合は、内臓器官(腸)の血流を悪くしてしまうことで生じたりストレスや心因的なものも関与することで起こります。またガンは、タバコの化学物質や摂取したアルコールが腸の壁面にある細胞の遺伝子に傷をつけることで生じます。そのため、便秘と大腸がんには密接な関係があると言えるのです。
えーー?たったの一日96円で便秘解消って?クリック→一日96円の便秘解消とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする